「もっと他のページ」のページに
  矢板ホーリネス教会のトップページに

2008年までのイベント(矢板ホーリネス教会)

12月に終わったクリスマスイベント(2008年)
12月24日
(水曜日)
PM5時: 恒例の、矢板駅前でのキャロリングを行ないました。
PM7時: 教会で、キャンドルサービス。
    蝋燭の光の中で賛美歌を歌いながら、
    イエス・キリストのご降誕を静かにお祝いしました。
    「イエス・キリストを救い主として信じた時」
    の事を、I姉にお話いただきました。
12月21日
(日曜日)
この日、教会では1日中クリスマスのイベントでした。
9時00分: 教会学校クリスマス。
10時30分: クリスマス礼拝。
12時00分: クリスマス愛餐会・祝会。
持ち寄りの食事会は、今年は、色々な種類のご馳走が並びました。
プレゼント交換では、私はほかほかかいろをいただきました。
12月20日
(土曜日)
夕方6時30分から、第11回矢板市民クリスマス・コンサート「ゴスペル・クリスマスの夕べ」を開きました。
今年のゲストは、ゴスペルシンガーの竹之内圭子さんでした。
 矢板市文化会館で、PM7時から。入場料は、中学生以上が500円。
12月14日
(日曜日)
午後1時30分から、「子どもクリスマス」を行ないました。
教会学校の子ども達が、イエス・キリストのご降誕の人形劇をしました。
ゲームや賛美歌、聖書のお話…。帰りに、プレゼントもありましたよ。



11月に終わったイベント(2008年)
11月30日
(日曜日)
この日から、アドベント(イエス・キリストのご降誕を待ち望む日)が始まりました。
午後1時30分〜  クリスマスCDコンサートをおこないました。クリスマスに歌われる賛美歌のCDを聞きました。
 昨年と同じようにM兄に、今年もDJふうに解説していただきました。
 有名な賛美歌「きよしこのよる」が作曲された背景も、紹介していただき、「ほおっ、なるほど」と。
 Boseのスピーカーから流れる名曲に包まれ、1時間が、あっという間に過ぎました。

11月16日
(日曜日)
 栃木ホーリネス教会の舘野英紀牧師をお迎えしました。
 舘野牧師は、1942年(昭和17年)東京生まれです。
 大手自動車会社の技術者として勤務された後、退職後、2003年に東京聖書学院に入学し、昨年4月から栃木ホーリネス教会の牧師をしておられます。
先生がお書きになった文章の中に、とても印象的な1節がありますので、ご紹介します。

 1967年に就職してから2002年までの35年、技術者の仕事をしてきた。実に面白かったし楽しかった。
 大学では面白いことをやるためにお金を払うが、企業では面白いことをやっているとお金が貰える。
 こんな楽しい人生を与えて下さった神様、ありがとう、そう思っている内に60歳になった。



7月〜8月に終わったイベント(2008年)
バイブルキャンプとユースジャム
7月30日〜8月1日(水〜金)
オリーブの里でバイブルキャンプ
7月30日出発
(2泊三日)
毎年恒例の「教区バイブルキャンプ」でした。
今年も「日光オリーブの里」という温泉もある場所で、遊びいっぱい・賛美歌いっぱい・聖書のお話いっぱいのバイブルキャンプが、終わりました。
小学生、中学生を中心に、今年からは熟年参加者も加わりました。
埼玉県や栃木県内の九つの教会から、31人の子どもや大人が集まりました。
 今回の新しいプログラムは、二日目午前と午後のお楽しみタイム。
 近くの川岸にある公園で。
 午前中は、オリエンテーリング。「川岸には、木が何本生えていますか」・「重さ500グラムの石を、川岸で拾ってきてください」なんて、問題など…。
 午後は、ストーンペインティング・ゴム動力飛行機・手作りたこ。皆さんなら、どれがいいですか?
 三日目の朝食は、飯盒で炊いた炊き込みご飯。
 その他、いつもどんなキャンプなのか、 「牧師さんのノート No19: バイブルキャンプ」 で紹介しています。


8月5日〜8日(火〜金)
ユースジャム2008
会場は東京の
オリンピックセンター
中学生以上の、青年向けの集会でした。
北海道から沖縄まで、全国のホーリネス教団の教会から、青年達が集まりました。
「みんなでごちゃごちゃ集まって、楽しそうな集会をしている」のが、「ジャム」なんだそうです。
詳しくは 【Youth Jam 2008のホームページ】 に、掲載されています。



6月に終わったイベント(2008年)

1日午後:花の日の訪問
午後1時に出発。 日曜礼拝が終って食事をした後、教会学校の子ども達と一緒に「花の日の訪問」に出かけました。
今年も矢板市内の、消防所・警察署・高齢者ホームを訪ねて、働いておられる方々に花束をお届けし、感謝を託して讃美歌を歌いました。
2時半ころに、教会に帰ってきました。)



5月に終わったイベント(2008年)
ペンテコステ(教会の誕生日)と、教会のピクニック


11日:「ペンテコステ礼拝
(この日は、教会の誕生日でした。)
10時30分:礼拝式 今からおよそ2000年前に、教会が誕生した時の、聖書のお話を聞きました。
「教会のお母さんって、だあれ?」 「教会のお父さんは?」 「教会って、ミルクを飲んだの?」
「あのぉ、まっまってください。聖書の中に、ちゃんと書いてありますから…」


18日午後:ピクニック
礼拝式後に出発 日曜礼拝が終って、12時ころから、車で「栃木県民の森」に行きました。
うす曇ですが、遠くに筑波山が見えました。
30分くらいで到着し、お弁当を食べ…。
広い芝生で、まず凧揚げと思っていると…。ボール遊びやジョギング、芝生すべりと、1度に始まりました。
神様がお造りくださった大自然を、ゆっくり楽しみました。
この季節、栃木県民の森には、あちこちみ、こんなつつじが咲いています。
帰り道、少し下った所にあるアスレチックでも、たっぷり遊んで、
もっと他にも、いろんな遊具がありますよぉ。
教会到着は3時半。



3月に終わったイベント(2008年)
ギデオンラリーと「イースター」


16日:ギデオンラリー
10時30分:礼拝式 お客様として「ギデオン協会」の方々をお迎えしました。
礼拝式の後、ギデオン協会の活動報告をしていただき、「聖書贈呈のための献金」を神様にお献げしました。
「1冊の聖書がきっかけで命が救われ、今その聖書を国中に贈呈する活動をしている人がいます」というようなお話をお聞きしました。
ギデオン協会の方々は、日本で1年間に80万冊の聖書を、ホテルや病院、学生さん達に無料贈呈しておられるそうです。

ギデオン協会の活動報告をしていただいた時の写真です。

参考リンク: 「国際ギデオン協会のホームページ


23日:「イースター(復活祭)
(この日は、イエス・キリストの復活をお祝いする日曜日でした。)
午前9時:教会学校 「イースター工作」で、カードを作りました。
昨年2007年のイースターは、「二つに割れるたまごのカード」でした。
写真が 「2007年イースターは、プラたまご」 のページにあります。
10時30分:礼拝式 賛美歌・復活祭の聖書のわかりやすいお話…。
12時:持ち寄りの食事会 今回は、じゃがいも料理が、目を引きました。北海道直送のものもあったとか…。もちろん、イースターのたまごも並んでいました。
(持ち寄りの食事会=各自「2〜3人分の食べ物」を一品持ち寄って、食事会をします。飛び入りのご参加も、大歓迎。)
午後1時30分:
「イースタースペシャル」
「賛美歌」・「ゲームタイム」・「エッグハンティング(たまご探しゲーム)」をしました。
見つけたたまご形のカプセルを開けると、なんと中は、スライムの黄身と白身!
昨年2007年のイースターの写真は 「2007年イースターは、プラたまご」 のページに掲載しています。
イースター(復活祭)
って、なぁに?
牧師さんのノート08: 「復活祭で、どうして卵」と、
牧師さんのノート09: 「キリストって復活したの?」に、わかりやすく書いています。



2月に終わったイベント(2008年)
10日:礼拝式  新会堂建設2周年、開拓54周年の記念礼拝でした。
千葉県成田ホーリネス教会の鈴木英夫牧師をお迎えして、わかりやすい聖書のお話をしていただきました。



1月に終わったイベント(2008年)
1日(火)  「元旦礼拝」を行ないました。
(午前10時30分から11時30分ころまで)
新しい年を、天と地とをお造りになった主なる神様のみ前から、始めました。
(自由参加)
13〜14(日〜月)  夕方から、「武毛教区新年聖会」が開かれました。
場所は、那須塩原市内の乃木温泉ホテル。
今年の講師は、埼玉県坂戸教会の、郷家一二三先生でした。



12月に終わったイベント(2007年)
2日(日) 礼拝式のお話と午後の講演会のために、西岡まりこ牧師をお迎えしました。
午後1時〜3時の講演会「子どもの心を聴く」というテーマの、ファミリー・コミュニケーション・セミナーを行ないました。
「子どもの心を聴く」だけでなく、「目の前にいる人の心を、こんなふうにして受け止めたらいいんだなあ」というのが、よくわかりました。(田中牧師)
講演会のポスターは、「 ファミリー・コミニュケーション・セミナーのポスター 」をクリックしてください。
8日(土) 午後7時から、第10回「矢板市民クリスマスコンサート」が、矢板市文化会館で開かれました。市内の4つの教会が、一緒に計画しました。
今年は、宇都宮短期大学音楽家の学生さん達の、ピアノとアンサンブルなどでした。
 参加者148人で、とても楽しいコンサートの時を過ごしました。
内容は、「 市民クリスマスコンサートのページに 」に掲載しています。
9日(日) 午後1時30分〜2時30分に「クリスマスCDコンサート」を行ないました。
クリスマスに歌われる賛美歌を、『あら野のはてに』から始り『さやかに星はきらめき』まで、全9曲、CDの中から抜粋して聞きました。
M兄による、DJのような解説がなかなかよかった!とか。
16日(日) 午後1時30分から「子どもクリスマス」を行ないました。
ゲーム・賛美歌・クリスマスのお話…。
(プレゼントもありましたよ)
23日(日) 午前の礼拝式は、「クリスマス礼拝」でした。
昼食は、ポトラック(持ち寄り)の、クリスマスお食事会でした。暖かい味付けの「煮物」…、珍しい「ユリ根のソテー」…ETC。
その後、クイズや賛美歌の演奏…
クリスマス祝会恒例のプレゼント交換は、やはり沸きましたねぇ。
24日(日) 夕方5時〜6時、矢板駅前でクリスマスの賛美歌を歌いました。矢板市内の教会の有志が10数名参加しました。
ギターとバイオリンの伴奏で、「きよしこのよる」・「いざうたえ」・「もろびとこぞりて」を歌いました。
今年は、北風が冷たかったですね。でも、通りがかりの人が拍手してくださったのには、励まされました。
24日(日) 午後7時〜7時30分に、キャンドルサービスを行ないました。
蝋燭の光の中で賛美歌を歌いながら、イエス・キリストのご降誕を静かにお祝いしました。
「イエス・キリストを救い主として信じた時」の事を、S兄とM兄にお話いただきました。
心が暖かくなりました。



7・8月に終わったイベント(2007年)
7月31日(火)〜 7月31日〜8月2日に、毎年恒例の「教区バイブルキャンプ」が開かれました。
「日光オリーブの里」という温泉もある場所で、遊びいっぱい・賛美歌いっぱい・聖書のお話いっぱい。
小学生、中学生のための楽しいプログラムを用意しました。
埼玉県や栃木県内の九つの教会から、30人の子どもと大人が集まりました。
例年のプログラムなど、「牧師さんのノート」 No19: 「バイブルキャンプ」 で紹介しています。



6月に終わったイベント(2007年)
6月10日(日) この日は、「花の日」でした。毎年この日の午後には、教会学校の子ども達と一緒に「花の日の訪問」に出かけています。今年も矢板市内の、消防所・警察署・高齢者ホームを訪ねて、働いておられる方々に花束をお届けし、感謝を託して讃美歌を歌いました。



5月に終わったイベント(2007年)
5月13日(日) 礼拝式が終わって12時15分ころから、お弁当の持ち寄りで「県民の森」にピクニックに出かけました。大人7人、こども8人が、車4台に分乗。
12時45分ころ、県民の森の駐車場に到着。近くの芝生でお昼ご飯をたべました。薄日がさしていて、寒くもなく暑くもなく、ちょうど良いお天気。
1時15分ころ、もう少し登った所にある「育樹祭会場の跡地」近くの芝生に到着。ダンボールのそり遊び。キャッチボール・サッカー・ジョギング…。ゴム動力でプロペラを回して飛ぶ飛行機作りに、牧師さんは熱中。
ものすごい風が吹いて来たので、ボールも飛行機も飛ばされそう。3時には教会に帰ってきて、皆でおやつをたべましたぁ。
5月27日(日) この日は、「ペンテコステ」と呼ばれる、「教会の誕生日」です。



4月に終わったイベント(2007年)
4月8日は、イースター
(この日は、イエス・キリストの復活祭でした)
午前9時:教会学校 「イースター工作」をしました。どんな作品ができたのか、写真のページをご覧ください。
10時30分:礼拝式 賛美歌・復活祭の聖書のお話。(マルコによる福音書16章1節〜8節が開かれ『そこでお会いできる』という題名の説教、よみがえられたイエス・キリストに、私達もお会いいただけるというお話を聞きました。
12時:持ち寄りの食事会 (持ち寄りの食事会=各自「2〜3人分の食べ物」を一品持ち寄って、食事会をします。飛び入りのご参加もありました。)
午後1時:「イースタースペシャル」 「賛美歌」・「ゲームタイム」・「エッグハンティング(たまご探しゲーム)」などの楽しいイベントでした。今回のエッグハンティングは、アメリカから送っていただいた「卵カプセル」が、合計50個隠されました。もちろん、全部みつけ出されました。
この日の写真のページ 「2007年イースターは、プラたまご」 もご覧ください。



2月に終わったイベント(2007年)
18日:礼拝式この日は、礼拝説教のご奉仕のため東京聖書学院助教授の斉藤善樹牧師をお迎えしました。
 写真集のページの「2月のイベント&もう出てきた芽」に、この日の写真を掲載しています。
 斉藤牧師は、米国の神学校で、聖書やカウンセリングを深く学ばれました。
 礼拝式の後、持ち寄りの食事会をし、1時から「東京聖書学院」の様子などをお聞きする時を持ちました。
 (持ち寄りの食事会=各自「2〜3人分の食べ物」を一品持ち寄って、食事会をしましたが飛び入りのご参加も、大歓迎です。どうぞ、お気軽にご参加ください。)
 参考リンク: 「東京聖書学院のホームページ
25日:礼拝式この日は、お客様として「ギデオン協会」の方々をお迎えしました。
 国際ギデオン協会で活動しておられる方々の体験談を、お聞かせいただきました。
 また礼拝式の後、ギデオン協会の活動報告をしていただき、「聖書贈呈のための献金」を神様にお献げしました。
 写真集のページの「2月のイベント&もう出てきた芽」に、この日の写真を掲載しています。
 参考リンク: 「国際ギデオン協会のホームページ



「もっと他のページ」のページに
  矢板ホーリネス教会のトップページに